【MTG】『Mystery Booster』が再び!注目カードは?

MTG

こんにちはゆーやです。

今回は、2021年8月20日ごろ発売予定『Mystery Booster: Convention Edition』の情報や注目カードについてまとめていきます。

『Mystery Booster』(ミステリーブースター)は、2020年3月13日に発売されて以来の登場ですが、再販されるのは『Convention Edition』で、内容が一部前回と異なります。

  • ミステリーブースターはどんなカードが入っているの?
  • 前に売られていたミステリーブースターとは何が違うの?

こういった内容についてお答えします。

それではいきましょう。

『Mystery Booster: Convention Edition』の基本情報

『Mystery Booster: Convention Edition』製品情報
価格 1パック880円 24パック(BOX)21,120円
封入枚数 1パック15枚入り
言語 英語版のみ
種類 再録カード全1,670種類
R&D Playtest cards(開発部プレイテストカード)全121種類

WPN店舗にて数量限定で販売されます。

店舗イベントとともに『Mystery Booster: Convention Edition』が再びやって来る|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

Amazon.co.jp: マジック:ザ・ギャザリング Mystery Booster 英語版 24パック入りBOX : おもちゃ
Amazon.co.jp: マジック:ザ・ギャザリング Mystery Booster 英語版 24パック入りBOX : おもちゃ

ミステリーブースターとは、「ちょっとひねりを加えたカオス・ドラフトをパックに詰めた製品」として販売されたブースターパックです。

ミステリーブースターには2種類あり、簡単に分類すると以下のとおり

  • WPN version  店頭で発売されたバージョン
  • Convention Edition マジックフェストなどのイベント限定で使用されたバージョン

そして今回再販されるのは、『Convention Edition』という事もあり注目度が高いです!

なお、『Mystery Booster』の収録カードは、元のセットのシンボルやコレクター番号で出現します。

元のカードとの違いは、カードの左下隅にプレインズウォーカー・シンボルが小さく印刷されていることだけです。

1パックの構成は14枚が再録カードで残り1枚が開発部プレイテストカードとのこと。

この開発部プレイテストカードとはどういったカードなのでしょうか。

R&D Playtest cards(開発部プレイテストカード)とは?

開発部プレイテストカードはこのパックを使用したブースタードラフトでのみ使用可能な特殊なカードです。

また、『Mystery Booster: Convention Edition』は、マジックフェストのようなイベント会場でのみしか扱われていない商品で流通量が限定的です。

2020年に開催されたマジックフェスト名古屋では、パック単体の販売はなく、ブースタードラフトのイベント時のみ使用されていました。

そのため、開発部プレイテストカードは非常に希少価値が高く、現在高騰しています。

1枚数万円を超える金額で取引されるカードもちらほら・・・

今回の再販により、ある程度値段は落ち着いてくるのかもしれませんね。

いずれも再販前の価格ですが、高価なところではこのようなカードがあります。

《Slivdrazi Monstrosity》 
最高値89,999円で売切れ

《Sliv-Mizzet, Hivemind》
 29,999円

《Mirrored Lotus》
 最高値30,000円で売切れ

通常の構築戦では使用できないカードですので、流通量が増えれば一気に価格が変動することもあり得ます。

欲しい方は買う時期に注意ですね。

再録カードで当たりはどれ?

参考価格 15,000円

一番の当たりはマナクリプトこと《魔力の墓所》です!

統率者需要がありすぎて、何度再録されても高いですね。

それ以外だと《悪魔の教示者》《テフェリーの防御》《護衛募集員》《花を手入れする者》《花の絨毯》《大修道士、エリシュ・ノーン》《召し上げ》といった所が当たりカードですね。

  • 《悪魔の教示者》4,000円
  • 《テフェリーの防御》3,500円
  • 《護衛募集員》3,500円
  • 《花を手入れする者》3,500円
  • 《花の絨毯》3,000円
  • 《大修道士、エリシュ・ノーン》2,500円
  • 《召し上げ》2,500円

前回までは収録されていた、《リスティックの研究》《四肢切断》を含む24種類は収録されないとのことです。

普段のパックよりも種類がむっちゃ多いので、狙ったカードを当てるのは非常に難しそうです。

このパックでしか味わうことのできない刺激的なブースタードラフトを体験しつつ、いいカードが出たらラッキー!っていうくらいの心持ちがいいのかなと思います。

皆さんにいいカードが当たりますように!

それではっ

コメント


マジック:ザ・ギャザリングランキング